• TOP
  • SEMINARS
  • <大阪開催>10月30日 経営戦略/業務・IT改革シリーズ人材マネジメントの潮流とデータ活用の要諦 ~成功・失敗事例から学ぶ~

<大阪開催>10月30日 経営戦略/業務・IT改革シリーズ
人材マネジメントの潮流とデータ活用の要諦 ~成功・失敗事例から学ぶ~


KPMG Professional Sessions 経営戦略/業務・IT改革シリーズ
人材マネジメントの潮流とデータ活用の要諦
~成功・失敗事例から学ぶ~


日時: 2019.10.30(水)15:30-17:30(開場 15:00)
主催: KPMG/あずさ監査法人
共催: インフォテクノスコンサルティング株式会社
対象: 経営・人事部門の管理職、人事戦略及び人材データ活用戦略を
          担うご担当者様
場所: あずさ監査法人 大阪事務所13階研修室
          大阪市中央区瓦町3-6-5銀泉備後町ビル (地図)

   ※10/29に同内容セミナーを東京でも開催します。

【こんな課題・悩みをお持ちの方にご参加いただきたいセミナーです】
● 人事部として経営に対して提案をしていきたい。
● 自社に有効な人材マネジメントを実現したい。
● 人材マネジメントで、どのようなデータが必要かわからない。
● 人材データ活用で、何を実現できるのかイメージができない。
● 人材マネジメントシステム活用の成功・失敗事例を知りたい。


********
【セミナー内容】
KPMG Professional Sessions(KPS)経営戦略/業務・IT改革シリーズ
人事領域におけるデータ活用が身近になった近年、データ活用が成功する企業、いまひとつ上手くいかない企業の明暗がはっきりと分かれつつあります。
本セッションでは、サクセッションプランやキャリアパス等の重要な人事施策の設計において、データ活用をデザインする際に実際に起こっている失敗や間違いの実例をベースに、 あるべきデータ活用と実現可能なビジネス貢献について具体的にわかりやすく解説します。
また、人材マネジメントの基盤となるシステム選びに失敗しないためには、どう考えていくべきなのか。大手企業への導入実績も豊富な
" Rosic人材マネジメントシステム"の活用事例を多数紹介しながら考えていきます。

***

【プログラム】
15:30~16:30
人材マネジメントの潮流とデータ活用の要諦
~成功・失敗事例から学ぶ~

講師:KPMGコンサルティング株式会社 
   シニアマネジャー 深谷 梨恵

「自らの会社の変革のために自らは今何をすべきか」というシンプルな問いに 人事部門の皆様は明確な意思はお持ちでしょうか。

「経営課題が難化する不確実性の時代」「個を尊重したマネジメント時代」 など、昨今よく耳にすることが多くなっていますが、 実際に今その課題に直面し、危機感のもと対応を進めている人事部門は 日本においてまだそう多くは無いのが現状と考えております。
人事部門は、経営を支える「組織・人事領域のプロフェッショナル」として、 また従業員がパフォーマンスを最大発揮できる環境を整えるリーダーとして、 その専門性と存在価値を高めていくことが今後強く求められてきます。

本セミナーでは、人材マネジメントというテーマにおいて 実際のコンサルティング現場での事例を織り交ぜながら 「人事部門が経営と従業員に対し何を提供すべきなのか」を一緒に考えます。
また同時に、意思決定の強力武器としての「人材データ」を 人事部門はどう集め・生かすのかのヒントをお伝えしていきます。
人事部門の「戦略」と「想い」を、実際の「行動」に移していける そんなキッカケ作りの場としてこの時間を活用頂けますと幸いです。 人事部門活性に向け、皆さまにお会いできますのを楽しみにしております。


16:30~17:30
人材データ活用の基盤となるシステムに必要な要件とは
~ユーザーのRosic活用事例から見る様々な要件とその実現方法~

講師:インフォテクノスコンサルティング株式会社 
   テクニカル・ソリューション事業部長 平沢 克宏

タレントマネジメントシステムを導入したのに活用しきれていないという声を 聞くことが多くなっています。それは、企業の規模、風土、業務形態、既存 システムなどの各企業のバックグラウンドによって、システムへの様々な要件 を生み出しているからです。
しかし、導入前はこの自社固有の要件に気づきにくく、目先の機能やコストに 注目して自社にマッチしないシステムを選択してしまうことがあります。

第二部では、様々なユーザーにRosic人材マネジメントシステムを導入して きたコンサルタントが、基盤となるシステムに必要な要件や注意すべき点を お話します。

例:人事情報の収集・登録/データ連携/データの参照・出力
  人事情報の参照権限/評価方法/評価調整

また、単に「人事情報管理」「配置検討」「評価」「研修管理」ができるだけ では、人材マネジメントとして十分とは言えません。最終的にはビジネスと 人材を結びつけられるシステムであるべきと考えます。

Rosicをうまく活用頂いているお客様の事例を交えて、本当にビジネスに 貢献できる人材マネジメントシステムは何かについてお話させて頂きます。


***

※同業他社からのお申し込みはお断りしておりますので、ご了承ください。
※個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

◆詳細・お申込みはこちらから

SEMINARS TOP